2016年

4月

03日

Clique Tokyoというお店をやっている意味


こんにちは。
kujaku 2016-17 AW LooK撮影も終え、
レタッチを行っているところです。
なので、今回のLookについてブログ書こうと思ったのですが、
それはLook公開後にブログ書かせていただきます。

今回はClique Tokyoというお店をやっているので
それについてブログ書こうかなーと思っています。

まずはClique Tokyoを知らないという方へ
Clique Tokyoの簡単な説明です。

原宿駅から徒歩10分

明治神宮前駅から徒歩10分

表参道駅から徒歩13分
外苑前駅から徒歩14分
北参道駅から徒歩18分


東京都渋谷区神宮前3-15-17 GYビル原宿201
にあります。
営業時間は不定休の15:00~21:00です。

kujakuの旗艦店であり、店内にアトリエもあります。
セレクトしているブランドも多数あり、
幅広い系統の服をお取り扱いさせていただいております。
西坂が着たい!着てもらいたい!と感じるアイテムを中心に

セレクトしています。

 


という感じのお店です。


 

 

Clique Tokyoは普通のセレクトショップとは
すこし違うのでその点を説明させてください。

まず、服を売ることだけを目的としていません。
そりゃ、全く服が売れなかったら、
金銭的な理由でお店はできないってなりますが、
そんな必死に売って、お金儲けがしたいわけではありません。

では、Clique Tokyoの目的とはなんなのか?
それは、「服が好き。オシャレが好き。という気持ちを
共有できる仲間が集まる場所を提供したい」です。
簡単にいうと「友達が増やせる場所にしたい」みたいな感じですかね。たぶん。

だから、西坂をはじめとするスタッフは
Clique Tokyoでの仕事をとても楽しくしています。
楽しいのも皆様がお越しになり、場を良い空間にしてくれるからです。
いつも感謝感謝感謝感謝です。
ありがとうございます!!!!!!!!!!

 

 

 


↑ここまでを4月3日に書きました
↓ここからは4月13日に書きました

 

あれ?続き何書こうとしたっけ??あれ??
完全に忘れてしまった。

ということで以上です。

2016年

3月

13日

伝えたいことは伝えます。ということでブログスタート


こんにちは。
見る人の時間によってはこんにちは。

kujakuのデザイナー、西坂です。
初めましての人もそうでない人もよろしくお願いします。

えーっと、ブログスタートしてみました。
不定期で更新率もどうなるかわかりませんが
伝えたい事があって、その上、時間があるときに更新しようと思います。

とはいっても、今、全然、時間がないんですけどね。

今回は最初ということもあり
kujakuを始めた理由とkujakuというブランドの服について
お話しさせていただきます。

kujakuを始めた理由なんですが
学生時代はデザイナーになるつもりなど
全くありませんでした。
セレクトショップのバイヤーになりたいなー
って思ってました。

それがなんでデザイナーを始めることになったかというと単純な理由なんですが、
欲しい服を探して、それに対して自分が払えるお金を考えて、バイイングして販売するより、
自分で服作った服を自分で値段きめて、販売する方が楽なんじゃね?
っていう無知すぎる理由でブランドスタートしました。

いやー、なんというか自分は無知の極みでしたね。
そんなこと言い出したら、みんなデザイナー始めちゃうよってことですよね。

自分の好きなデザインをつくる難しさ、
自分の好きなシルエットをつくる難しさ、
綺麗な縫製を求めることの難しさ、
使いたい生地を求めることの難しさ、
作りたい服をつくったときの原価の恐ろしさ、
そして、自分の思い描いた服を
販売することの難しさ、
いろんなことをデザイナーを始めて、実感しました。

ブランドをやるのは簡単です。
ブランドをやって生活するのが難しいってことに
気づいてなかったんですね。デザイナー始める前の自分は。

そこから、デザイナーだけでは生活できない中、
いろいろ試行錯誤があり、今、生活ができ、アシスタントが出来、
お店を経営できるまでになりました。
ほんと皆様の支えのおかげです。
ありがとうございます。



といった感じです。

そんな試行錯誤したブランドkujakuとはどんなブランドか
話させていただきます。

kujakuのこだわりでもっとも大事にしている部分は
「生地の質」です。

たとえば、コットンでいえば

コットンにもいろいろあり、
品種や産地によって、大きく差があります。
それはコットンに限らず、
すべての天然繊維にいえることです。

そんな同じ素材の繊維だけでも
大きな違いがある中で、kujakuの使う生地は
最上級の繊維しか使いません。

みたいな感じで繊維にこだわりをもっているので
織り方、染料などにも
同じような感じでこだわりをもっています。
そのため、生地原価は上がり、
「え?」ってなるような恐ろしい金額になります。
なんということでしょう。

次に大事にしている部分は、
「動きのあるシルエット」です。
人間は止まっている瞬間ってほとんどありません。

呼吸をするだけでも、人間は動きがあります。
そんな動きのある人間の動きを大事にしたシルエットを
考えています。

サンプルを作る段階で

サンプル完成→着る→歩く(動く)→それをよく観察→修正する
といった段階を何回も行い、アイテムを完成させていきます。
美しいドレープ、優雅な躍動感、雰囲気を纏っている感覚、
それってすごく大事です。
そこにこだわっています。

 

あ、こだわりについて話し出したら

ブログ終わらない気がしてきた・・・・

ということでこだわりについて話すの一旦ストップです。

kujakuは「品質へのこだわりをもっている動きのあるシルエットのブランド」
って感じに思っておいてください。

詳しくは西坂に会った際に聞いてください。
いくらでも話しますので。

 

 

 

 

なんかブログって久しぶりに書くと
書いているうちに「なに伝えようとしたっけ?話しぐしゃぐしゃなんだけど」
ってなりますね。

 

ということでこの辺で今回は終わりにしときます。

ではまた。